デリバリーヘルス情報 BADU

デリヘルに関する最新ニュース・コラムを発信

外国人観光客の風俗利用問題

急増する外国人観光客

近年、日本製品を求め「爆買い」なんて言葉も流行語大賞に選ばれるほど日本を訪れる外国人観光客が急増しています。
さらに2020年に行われる東京オリンピックに向けさまざまな商業施設がオープンし、今後観光客はさらに増加すると予測されています。
そこで懸念されているのが外国人観光客の日本風俗の利用なんです。
日本で最も有名な風俗街「吉原」は女性の質やサービスを総合し最上級の風俗だと世界的にも有名です。
ですが一言に風俗と言っても各国で受けられるサービスや、サービスの内容などそれぞれ違いがあります。

特に日本はいろいろなジャンルの風俗がありすぎて外国人には複雑でしょう。
だからと言って各お店に通訳を雇うとうワケにもいきません。
さらに多くの外国人観光客が訪れるであろう今後の課題と現在の問題点を整理しておきましょう

言葉の壁

日本のルールを理解してもらうにはやはり説明するのが1番ですが問題は「言語」です。
特にオリンピックだと各国から多くの外国人が訪れるでしょう。
何語を話して何語が理解できるのか判断しなくてはいけない上、お店のルールを理解してもらわなくてはなりません。
マニュアルなどを作りプレイ前に読んでいただくという方法もありますが、質問されたときや何かリクエストされたときなどどうしても直接会話をしなくてはならないシチュエーションがあるでしょう。
トラブル回避のためにも言葉の壁が一番の課題ではないでしょうか

実際にボーイさんが説明したのにも関わらずプレイ中「なぜ〇〇ができないんだ」と激怒した外国人観光客がいたそうです。
完全に説明不足ですよね?
何かトラブルがあり影響を受けるのは女性従業員だというのは理解してなくてはなりません

性病問題

実際に外国人観光客を対応したことがある風俗嬢のアンケートだと
「アジア系特に中国人に性病が多かった」という意見がとても多かったそうです。
偏見になってしまうかもしれませんが中国のホテルなどを見るととても不衛生な箇所が多々あります。
そんな所を不特定多数の人が利用すればなんか病気が移るのは当然・・・と思ってもしょうがないと感じてしまいますよね!
外国人が利用することによって新たな病原菌を運んでくるという可能性もあります。
これは中国人に限りませんし、移るものが性病だけとは限りません。
粘膜接触の確率が高い風俗ではさまざまな病が感染する可能性があります。
外国人観光客を接客した女性が次は日本の男性を、その男性がパートナーと・・・と風俗が感染源なんてこともあり得るのです。
これは女性従業員が正しい知識を身につけるのと、外国人観光客のマナーが問われる問題です。

これからの課題

これらの問題はこれから気を付けないといけないことではなく現在起こっている問題でもあります。
そのため東京オリンピック前に全ての風俗を排除なんてことも言われています。

私が考える解決方はやはりネットでの情報交換ではないでしょうか
今現在ネットにはさまざまな風俗に関する情報が公開されています。
そこで誤った情報を仕入れられてこまるのは我々日本人です。
政府監修の外国人専用の風俗マニュアルを作成しネット上に公開、質問や利用者同士の情報交換などが出来るサイトがあれば事前に正しい知識とサービス内容を知ることができます。
まぁ公にして風俗サイトなんて国が作ってくれるワケではありませんが・・・(笑)
ですが日本風俗の安全と存続のためにはこれらの課題の解決が必要です。
みなさんはこの課題をどう解決しますか?